教科書

学生の頃から精神性多汗症で困っていました

中学生くらいから人前で何かするとかなり緊張するようになりました。

それ以前はそれほどでもなかったのですが、やはり思春期になると子供ではなく大人になるということから、心の変化が大きかったのかと思います。

学校で授業で教科書を読む時などは特に緊張しましたね。上半身が熱くなり脇や手などから汗が大量にでました。持っている教科書がベトベトになるくらい汗は出てたと記憶しています。何もできずずっとそのまま過ごしていました。

教科書

学校のリクリエーションの時にみんなの前で説明する時があったのですが、この時も同じ現象になりました。人が自分を集中してみているから、今まで以上に緊張したし汗が出たのだと思います。

この時は

・できるだけ人と目を合わせない
・持っている紙に集中して周りを見ない

などの対応をしていました。実際はそれほど他人は自分のことを見てはいないと思うのですが、自意識が過剰になっていたのでしょう。

私の場合は精神的な問題で手汗が出る・・・

ネットでとりあえず何か治す情報はないかと検索してみたら幾つか出てきました。まず、私の場合は精神性多汗症というやつだとわかりました。

原因がいくつもあったのですね。何もしなくても常に汗が出る人もいるみたいです。私の場合は人前や緊張した時に限るので精神性なんでしょう。

手にあるツボを押してみるとか、汗を出す元の神経である副交感神経を手術によって切断するなどの方法があるみたいです。

手汗

私は手術とかは抵抗があるので、手のツボを押すやつをやってみました。痛気持ちいいといった感じで、だれにでも簡単にできます。

会社や人前でなにかやるときは手を組む感じでいつもツボを刺激しています。効果は緊張が和らぐ感じがあります。汗の量はそれほど変わってないように思います。